e-入力 顧客販売管理ソフト SGJ3 商品分類の仕分け方

▼商品分類
販売商品を大別するような名前を付けてください。商品分類別ABC分析で使用しますので、全販売品で、何が売れ筋なのかがわかるような分け方をしてください(細かく分類されてもABC分析では上位15分類までしか表示されません)。

▼商品分類の登録方法
メインメニューから「入力支援語句編集」ボタンを押します。次の「入力支援語句の編集・追加・削除・表示位置変更」画面の「商品分類」ボタンを押してください。表示された「入力支援語句の追加・編集・移動・削除」画面の「語句追加」ボタンを押して入力してください。

▼商品分類(カテゴリー)のポイント
たとえばあなたのお店が紳士服店だとし、スーツ、ジャケット、パンツ、コート、礼服、Yシャツ、ベスト、アンダーシャツや靴下などの商品があります。店の売上に関してどういう商品が重要なのかを考慮し、その結果、スーツ・ジャケット・パンツ・コート・礼服・その他と商品分類をしました。しかし、スーツは上下単品ずつでも販売していたので、分類にスーツ上・スーツ下を増やしました。この分類でABC分析してみると、スーツ、ジャケット、スーツ下、パンツ、スーツ上、礼服、コート、その他となりました。店全体ではスーツが占める割合が圧倒的に多いにもかかわらず、スーツ上・スーツ下があるために分散した結果となっています。この場合、スーツ上・スーツ下をスーツに統一したほうがよりはっきりわかるABC分析ができたと思われます。現実ではこのような単純な例は少ないでしょう。商品分類は店にとって、何が重要なのかを掘り下げて、できるだけ単純で明確な分類にしてください。

※設定できる文字数
商品分類は最大30文字までです。

▲このページの上に戻る

< 前のページに戻る