e-入力 顧客販売管理ソフト SGJ3 仕入検索

▼画面説明
仕入データの検索条件を指定する画面です。
▽全ての検索条件に一致する(AND検索)データを抽出(検索)します。
▽コンボボックスに表示されている商品分類の編集などは「入力支援語句編集」ボタンで設定・編集できます。

下図は「仕入検索」画面

▲このページの上に戻る

▼検索項目について
「年月日」
「期間指定」または「指定年月」のどちらかを指定してください。
「期間指定」
開始年月日と終了年月日を指定してください。「▼」ボタンでカレンダーを表示させ指示するか、年月日のいずれかを選択しキーボードの↑↓キーで年月日が前後します。直接年月日を入力することもできます。
「指定年月」
年度は半角の数字で入力してください。例:2008
月はコンボボックスより選択してください。入力はできません。
年月は組み合わせても単独でも検索できます。年度だけ指定すれば指定年度の仕入データデータを検索します(年度の仕入合計の抽出など)。月だけを指定すれば指定月の仕入データデータを検索します(季節に影響を受ける商品の仕入検索など)。
※「期間指定」と「指定年月」の両方を指定することはできません。

「商品コード」
商品コードで検索します。商品コードを入力してください。完全に一致する商品コードを検索します。

「商品分類」
商品分類で検索します。検索したい商品分類をコンボボックスから選択するか入力してください。完全に一致する商品分類を検索します。
※商品分類を選択すると、それに合った商品名が選択できるようになります。

「商品名」
商品名で検索します。検索したい商品名をコンボボックスから選択するか入力してください。選択・入力した文字(語句)を含む商品名を検索します。
※商品名は商品データに登録されていないものは表示されません。

「仕入先名」
仕入先名で検索します。検索したい仕入先名をコンボボックスから選択するか入力してください。完全に一致する仕入先名を検索します。
※仕入先一覧に登録されていないものは表示されません。

「仕入担当者」
担当者で検索します。検索したい担当者をコンボボックスから選択するか入力してください。完全に一致する担当者を検索します。
※社員一覧に登録されていない社員名は表示されません。

「仕入備考」
備考に含まれる文字を入力(語句)してください。入力された文字を含む備考を検索します。

「仕入単価」「仕入数量」「仕入金額」
仕入データの仕入単価・仕入数量・仕入金額の以上、等しい、以下、含まれる範囲を検索する時に使用します。
仕入単価・仕入数量・仕入金額のいずれかのオプションボタンをチェックしてください。金額などを指定する項目が使用可能になります。

仕入単価・仕入数量・仕入金額を半角の数字で入力してください。
条件として、入力された金額・数量の「以上」「以下」「等しい」が選べます。また、金額・数量の上限、下限(範囲)を指定することもできます。
指定条件に一致するデータを検索します。

▲このページの上に戻る

▼ボタン説明
▽「検索実行」
検索を実行します。
メインメニューより検索した場合は仕入データ一覧を表示します。
▽「検索条件クリア」
検索画面の入力または指定した検索条件をクリアします(最初に表示された状態に戻します)。
▽「入力支援語句編集」
コンボボックスに表示されている入力支援語句の追加、編集、削除と表示位置の変更をする画面を表示します。メインメニューの入力支援語句編集ボタンを押した場合と同じ画面を表示します。
▽「キャンセル」
元の画面に戻ります。

▲このページの上に戻る

▼ショートカットキー
F1:ヘルプを表示します。
Enter:「検索実行」ボタンを押したのと同じ動作をします。
Esc:「キャンセル」ボタンを押したのと同じ動作をします。

※項目移動方法:Tabキーを押すと次の項目に移動します。「Shift」キーとTabキーを同時に押すと前の項目に戻ります。
※Enterキーを押すと「検索実行」ボタンを押したのと同じ動作をします。検索項目を指定または入力後、検索するにはEnterキーを押すだけで検索が実行できます。

※半角文字を入力する項目は自動でIMEがオフにされ、全角文字を入力する項目は自動でIMEがオンになります。うまく機能しない場合や、IME以外の漢字変換をお使いの場合は手動で設定してください。
※項目間の移動は、マウスよりTabキーでの移動がお勧めです。また、コンボボックスは↑↓キーで語句を選択するのがお勧めです。

※他のアプリケーションからドラッグアンドドロップで文字列を入力できます。そのままドロップするとドラッグした文字列にかわります。「Ctrl」キーを押しながらドロップすると、現在表示されている文字列の末尾に追加します。「Alt」キーを押しながらドロップすると、現在表示されている文字列の先頭に挿入します。日付入力項目と金額などの数値を入力する項目にはドロップできません。ドロップできる項目には、ドラッグしてくるとマウスカーソルが+字に変化します。また、コピー元の他のアプリケーションがドラッグアンドドロップに対応している必要があります。マイクロソフトのWordやメーラーはほとんど対応しています。

※画面の表示位置を変更すると記録し次回表示時に再現されます。最小化したままで閉じると、最小化されてなく閉じられた前回の位置で表示されます。

▲このページの上に戻る

< 前のページに戻る