e-入力 顧客販売管理ソフト SGJ3 仕入一覧

▼画面説明
仕入一覧を表示しています。
▽新規仕入登録画面はF2キーまたはメニューの「編集・表示」→「新規仕入登録」で表示されます。
▽Ctrl+Rキー(Ctrlキーを押しながらRキーを押す)で、選択されている行の仕入データを利用して新規仕入登録画面を表示します(よく似たデータを利用することにより入力の手間を省けます)
▽仕入データの編集は該当部分をダブルクリックするか、F4キーまたはメニューの「編集・表示」→「選択行の仕入編集」で編集画面が表示されます。
一覧の左部分のグレー部分をダブルクリックすることをお勧めします。
▽選択されている行の商品データの詳細表示はF3キーで、詳細データ表示画面を表示します。
▽選択されている行の商品データ編集はCtrl+F4(Ctrlキーを押しながらF4キーを押す)で、商品編集画面を表示します。
▽一覧の左部分のグレー部分または表のセル部分で、マウスを右クリックするとコンテキストメニューが表示されます。
▽表部分の右上には「表示データ数:数字」でデータ数が表示されます。再検索すると表示されているデータ数が再計算されます。
▽初期表示される仕入データの並び順
年月日の降順(日付の新しいものを上位に)でソートされます。
▽商品データの更新日について。
仕入データの新規登録・編集・削除時に仕入数量が0以外であれば、商品データの在庫数を変更します。よって、商品データの更新日も更新されます。
※「商品コード」「商品分類」「商品名」「仕入先名」「仕入ID」「商品ID」と「仕入先ID」などは直接に編集できません。
※編集不可の列はクリックしたときに背景(バックグラウンド)が濃いグレーになります。

▲このページの上に戻る

下図は「仕入一覧」画面

▲このページの上に戻る

▼メニューの説明
▽「閉じる」
表示画面を閉じます。

▽「印刷プレビュー」
表示されている仕入だけを印刷します(検索を実行して印刷データを絞り込むことが可能です)。表示列でソートされているなら、印刷時にも再現されます(仕入IDなどの確実にソート結果がわかるものでないと表示画面と印刷は一致しません)。
「一覧印刷プレビュー(備考など除く・1行)」
現在表示されているデータの印刷プレビューを表示します。データは1行表示です。
「一覧印刷プレビュー(フルデータ・2行)」
現在表示されているデータの印刷プレビューを表示します。データは2行表示です。
※印刷ダイアログボックで指定プリンタのプロパティが、各印刷プレビューの上部で指定されている用紙サイズ:A4、印刷の向き:横向きを確認してから印刷してください。
※印刷されるデータは、一覧画面で表示されているデータだけが対象になります(検索や絞込みを実行して書き込み対象データを絞り込むことが可能です)。表示列でソートされているなら、印刷時にも再現されます(仕入IDなどの確実にソート結果がわかるものでないと表示画面とは完全に一致しません)。
仕入一覧 印刷プレビューの表示

▽「編集・表示」
「新規仕入登録」
新規仕入登録画面を表示します。

下図は「新規仕入登録」画面

▲このページの上に戻る

「選択行の仕入データを利用して新規仕入登録」
選択されている行の仕入データを利用して新規仕入登録画面を表示します(よく似たデータを利用することにより入力の手間を省けます)
「選択行の仕入編集」
選択されている行の仕入データ編集画面を表示します。

「選択行の商品データ表示」
選択されている行の商品の詳細データ表示画面を表示します。在庫数や仕入先などの確認時にお使いください。
※商品データ表示画面は読み取り専用ですので、データ編集はできません。
「選択行の商品データ編集」
選択されている行の商品編集画面を表示します。
※新規商品登録(「新規商品登録を繰り返す」チェックが使用できません)と商品データの削除はできません。

「仕入データの担当者一括変更」
仕入データに登録された担当者を一括で変更します。担当者一括変更画面を表示します。
社員の移動・退職などにより担当者を変更する場合にご利用ください。
※一覧で検索条件が設定されていても、全ての仕入データを対象に変更します。
※変更を実行すると元には戻せません。本ソフトはアンドゥ機能はサポートしてません。充分注意して実行してください。
担当者一括変更の表示

「仕入先一括変更」
「仕入先一括変更画面を表示します。
仕入先の社名変更や取引変更などにより、仕入先を一括で変更する場合にご利用ください。
※一覧で検索条件が設定されていても、全ての仕入データを対象に変更します。
※変更を実行すると元には戻せません。本ソフトはアンドゥ機能はサポートしてません。充分注意して実行してください。
仕入先一括変更の表示

「表示データをCSVファイルに変換(コンバート)」
現在一覧に表示されているデータをCSVファイル形式に変換(コンバート)します。変換画面を表示します。
「表示データをXMLファイルに変換(コンバート)」
現在一覧に表示されているデータをXMLファイル形式に変換(コンバート)します。変換画面を表示します。
※変換されるデータは、一覧画面で表示されているデータだけが対象になります(検索や絞込みを実行して書き込み対象データを絞り込むことが可能です)。表示列でソートされているなら、変換時にも再現されます(仕入IDなどの確実にソート結果がわかるものでないと表示画面とは完全に一致しません)。

「選択セルの語句を切り取り」
現在選択されている一覧のセルの語句を切り取ります。
「選択セルの語句をコピー」
現在選択されている一覧のセルの語句をコピーします。
「選択セルに語句を貼り付け」
現在選択されている一覧のセルにクリップボードにあるテキストを貼り付けます。
「選択セルの語句を元に戻す」
現在選択されている一覧のセルの語句に変更があれば、元の語句に戻します。元に戻せない場合は利用不可の表示になります。

「選択行の仕入削除」
選択されている行の仕入データを削除します。削除前に確認するメッセージが表示されますので「はい」「いいえ」かのボタンを押してください。「はい」を押すと削除します。※一覧で複数の仕入データを選択していても、表の左端にあるグレー部分に右黒三角のついた(カレント行)仕入データしか削除されません。複数の仕入データを削除する場合は、削除処理を繰り返してください。複数同時に削除できないのは、操作ミスなどにより必要なデータも削除されない安全措置です。
※削除を実行すると元には戻せません。本ソフトはアンドゥ機能はサポートしてません。充分注意して実行してください。

「表示データ更新」
現在表示されているデータを再度データベースより取得します。編集結果などがうまく画面に反映されないときにお使いください。

▲このページの上に戻る

▽「データ検索」
「表示データからの仕入再検索」
表示されているデータから、検索をして仕入を絞り込みます。仕入データの検索条件指定画面が表示されます。
「全データからの仕入検索」
メインメニューから仕入検索するのと同様に、表示する仕入を最初から絞込み一覧を表示します。
※検索条件指定画面での検索は、前回の検索条件がクリアされます。
仕入検索の表示

「選択セルの語句と同一のデータを検索」
一覧の選択されたセルの語句と同一のデータを検索し表示します。
※再検索時の動作について。「選択セルの語句と同一のデータを検索」では、選択されたセルが現在の検索条件に重複する時には検索をクリアするかどうかのメッセージが表示されます。それ以外は現在設定されている検索条件に新に検索条件を追加します。

「表示データからの再検索SQL文表示」
表示されているデータからの検索をしたSQL文を表示します。現在の一覧の検索状態を確認するために使用します。
「全データからの検索SQL文表示」
メインメニューで仕入検索したSQL文を表示します。現在の一覧の検索状態を確認するために使用します。
※SQL文はWHERE以下が表示されています。SQL文についてはデータベース関連書籍などをご参考にしてください。SQL文の意味説明はサポート対象外です。

「全データ表示」
メインメニューで仕入検索して表示された仕入一覧を、検索状態のない全ての仕入データで表示し直します。

▽「検索・ソートクリア」
「検索・ソートクリア」
検索した条件とソートを解除し、年月日の降順でソートします(最初に表示された初期状態に戻ります)。

「検索クリア」
検索した条件をクリアします。

「ソートクリア」
データを表示してる表の列見出し(タイトル)部分をマウスでクリックすると、その列で降順・昇順にソートされます。ソートを解除し、年月日の降順でソートします。

「全データ表示」
検索をクリアして、全ての仕入を表示します。

▽「新規仕入登録」
新規仕入登録画面を表示します。

▲このページの上に戻る

▼登録されているショートカットキー
F1:ヘルプの表示
F2:新規仕入登録
F3:選択行の商品データ表示
F4:選択行の仕入編集

Ctrl+A:全データ表示
Ctrl+C:選択セルの語句をコピー
Ctrl+D:検索・ソートクリア
Ctrl+E:選択行の編集
Ctrl+F:表示データからの仕入検索
Ctrl+G:選択行の商品データ表示
Ctrl+L:ソートクリア
Ctrl+N:新規登録
Ctrl+Q:閉じる
Ctrl+R:選択行の仕入データを利用して新規仕入登録
Ctrl+S:検索クリア
Ctrl+U:表示データ更新
Ctrl+W:選択セルの語句と同一のデータを検索
Ctrl+V:選択セルに語句に貼り付け
Ctrl+W:選択セルの語句と同一のデータを検索
Ctrl+X:選択セルの語句を切り取り
Ctrl+Z:選択セルの語句を元に戻す

Ctrl+Del:選択行のデータ削除
Ctrl+F4:選択行の商品データ編集

Ctrl+Shift+E:商品データ編集
Ctrl+Shift+F:全データからの仕入検索

※Ctrl+アルファベットまたはFキーは、Ctrlキーを押しながらアルファベットキーまたはFキーを押すことで実行できます。同様にShift+アルファベットキーと、Ctrl+Shift+アルファベットまたはFキーも同様の操作で実行できます。

▲このページの上に戻る

※一覧で編集可能なセルを編集すると、一覧の左のグレー部分にペンマークが表示されます。このマークは編集中を表し、他のセルに移動すると編集結果がデータベースに反映されます。ペンマークが表示された状態で一覧を閉じると、そのセルの変更は保存されませんのでご注意ください。
※「商品コード」「商品分類」「商品名」「仕入先名」「仕入ID」「商品ID」と「仕入先ID」などは直接に編集できません。ID番号は、データベースのリレーションシップを形成する上で重要なID番号です。データベースの整合性に違反する可能性がありますので手動での変更はできません。「商品コード」「商品分類」「商品名」「仕入先名」は他のデータテーブルを参照していますので、仕入一覧からは編集できません。
※編集不可の列はクリックしたときに背景(バックグラウンド)が濃いグレーになります。
※一覧で編集可能なセルは、入力できるデータ型が設定されています。たとえば、年月日には日付データ型が設定されていますが、このセルに文字列を入力しようとすると、既定のデータ型を維持するために自動で元に戻すコマンドが摘要されます。仕入単価などの金額列は数字だけで入力してください。桁を表すカンマは入力しないでください。また、仕入単価や仕入数を変更しても仕入金額の自動計算されません。自動計算が必要ならば、編集画面を表示させて変更してください。

※仕入検索を実行して表示された仕入データを変更しても、検索条件を再設定しない限り表示されています。たとえば、メインメニューから「仕入検索」で仕入の年月日を指定して一覧が表示されているときに、仕入データの年月日データを書き換えても、最初に表示された仕入データは表示されています。表示させたくない場合は、一覧画面を閉じてから、再検索を実行してください。

※仕入データを表示してる表の列見出し(タイトル)部分をマウスでクリックすると、その列で降順または昇順にソートされます。ソートを元に戻す場合はメニューから「検索・ソートクリア」→「ソートクリア」で最初に表示された初期状態に戻ります。また、列の見出しの分かれ目にマウスを持っていくと、左右の矢印がついたカーソルに変更されます。その状態で左右にドラッグすると表の列幅が変化します。

※一覧の表のデータを、他のアプリケーションにドラッグアンドドロップでデータをコピーできます。コピーしたいデータをマウスでクリック(マウスの左クリックを押す)して、他のアプリケーションのコピーしたいところにドラッグ(マウスの左クリックを押したまま移動)しながらドロップ(マウスの左クリックを放す)するとコピーできます。ただし、ドラッグアンドドロップをサポートしているアプリケーションに限ります。マイクロソフトのWord、Excelやメーラーはほとんど対応しています。
一覧では選択されている行のマウスをクリックした列(ひとつのセル)のデータがコピーされます。

※データを表示している一覧画面の表示位置と大きさと一覧(表)の列幅を変更すると記録します。次回表示時に再現されます。最大化したままで閉じると、次回も最大化で表示されますが、元に戻す(縮小)させると既定(標準)の大きさに戻ります。できるだけ、最大化させたまま閉じないでください。

▲このページの上に戻る

▼出力ファイル形式の説明
▽CSV(CSV:Comma-Separated Value) 形式
ひとつのデータ(レコード)を項目(フィールド)ごとにカンマで区切り、データの終わりには改行が入っているテキストファイルで、拡張子はcsvです。
CSVファイルの出力データ構造
1行目には、データの列(フィールド)名が出力されます。
※()内はデータ型です。
仕入ID(数値),年月日(日付),商品ID(数値),仕入先ID(数値),仕入単価(金額),仕入数量(数値),仕入金額(金額),消費税額(金額),担当者(文字列),仕入備考(文字列),商品コード(文字列),商品分類(文字列),商品名(文字列),仕入先名(文字列)
▽XML形式
マイクロソフト社の新しい開発環境の.NETで標準的に採用されているデータ形式です。これから開発されるソフトウェアへのコンバートに必要になると思われるファイル形式です。変換後ブラウザ(IE6.0など)で表示させることができます。拡張子はxmlです。

▲このページの上に戻る

< 前のページに戻る