e-入力 顧客販売管理ソフト SGJ3 補助メニュー

▼データファイルを他形式に変換、登録データの一括削除、バックアップファイルを戻すなどがこの画面よりおこなえます。

下図は「補助メニュー」画面

▲このページの上に戻る

▼画面の説明
▽「データ変換(コンバート)」
顧客データ、顧客データ(DM発送分)、見込み客データ、顧客対応データ、販売履歴データ、商品データ、仕入データ、仕入先データ、商品分類と商品名、社員データを指定されたファイル形式(CSVまたはXML)に変換します。「変換(コンバート)するデータ」を選択後、「ファイル形式」で出力ファイル形式を選択してください。「データ変換実行」ボタンを押してください。ファイルを保存するダイアログボックスが表示されますので、フォルダー(ディレクトリ)を指定してください。ファイル名も拡張子以外は変更できます。
※顧客データ(DM発送分)(DM送付先データ「DM発送」チェックが入ってる顧客データ)をデータ変換して出力できますので、このデータを元にWORD(差込印刷機能)やEXCELなどを利用してオリジナルの発送ラベルや封筒印刷などができます(EXCEL・WORDなどの操作方法はサポート外です)。
※CSV形式変換したデータをEXCELなどのソフトウェアで取り込み表示させることができますので、詳しいデータ分析などを実行できます(EXCELなどの他のソフトウェアの使用方法はサポート対象外です)。
※CSVファイルの1行目には、データの列(フィールド)名が出力されます。
※CSVファイルをエクセルで開くときのご注意
住所2項目のデータが「1-1-1」などの数字とハイフンだけのデータだと、エクセルが取り込むときに日付データと解釈するために日付データとなります。
▽エクセルから取り込む方法
「ツール」→「外部データの取り込み」→「データの取り込み」
販売履歴一覧より変換されたCSVファイルをダイアログで選択
「テキストファイルウィザード」が表示されます
1/3:「元データの形式」で「カンマやタブなどの区切り文字・・・」にチェックを入れる
2/3:「区切り文字」で「カンマ」にチェックを入れる。データ項目(列)ごとに縦線が表示されます
3/3:住所2の項目(列)を選択して、「列データの形式」で「文字列」にチェックを入れてる
以上で住所2のデータが文字列として表示されます

▽「顧客データの重複データ抽出」
顧客データの重複しているレコード(データ)を抽出します。同姓同名、同じ電話番号など。
顧客データの重複データ抽出の表示

▲このページの上に戻る

▽「データ一括削除」
登録データを一括で削除します。
「指定年月日」
年月日を入力してください。例:2006/12/31
指定された年月日を含む過去のデータを一括で削除します。
削除するデータによって削除対象年月日が違います。
見込み客データ:見込日付が対象です。
顧客対応データ:年月日が対象です。
販売履歴データ:年月日が対象です。
仕入データ:年月日が対象です。

「削除するデータ」
見込み客データ、顧客対応データ、販売履歴データ、仕入データをオプションボタンで選択してください。

「指定年月日」と「削除するデータ」を指定後「データ一括削除」ボタンを押してください。確認するダイアログが表示されますので、削除するなら「はい」ボタンを押してください。なお、一括削除は重要な操作なので、再確認のメッセージが再度表示されます。

※販売履歴データと仕入データの一括削除では在庫量の調整はしません。

データをどの程度の期間保存するかは、ご使用者のご判断ですが、通常の財務データは6年間の保存が義務つけられています。一般的にこれに準じた扱いがなされているようです。

例:現在が2007年で、2000年度より過去のデータ(7年間以前)が不要な場合は「指定年月日」に1999/12/31と入力してください。1999/12/31日を含む、それより過去のデータを一括で削除します。削除する対象は「販売履歴データ」だけです。

▼【重要なご注意】▼
一度削除を実行すると、データは復活できません。本ソフトはアンドゥ機能はサポートしてません。充分注意して実行してください。

▲このページの上に戻る

▽「バックアップデータを戻す」
何かの原因でデータに不整合が生じたり、間違ったデータを多数入力した場合などに、直前にバックアップしたデータ内容と入れ替えるために使用します。
「バックアップを戻す」ボタンを押すと確認ダイアログが表示され、バックアップファイルを指定するダイアログボックが表示されますので、バックアップファイルを指定してください。なお、ファイル名「eIsgjdb2.dat」以外は指定できません。

▼【重要なご注意】▼
※現在使用中のデータは上書きされます。戻そうとしているバックアップファイルのバックアップを実行した時点からの新しいデータは消滅します。用心のために、現在使用中のデータファイルをバックアップしてから実行してください。
※一度を実行すると、現在使用中のデータは復活できません。本ソフトはアンドゥ機能はサポートしてません。充分注意して実行してください。
※CD-Rからバックアップデータを戻すと「読み取り専用」になっている場合があります。その場合はeIsgj2のデータファイルフォルダで、ファイル名「eIsgjdb2.dat」をマウスで選択後、右クリックで「プロパティ」を表示させて属性の「読み取り専用」のチェックを外してください。
※既定のデータファイルフォルダ
Vistaの場合「C:\Users\ユーザ名\Documents\KADDISS\eIsgj3Data」です。
XPの場合「C:\Documents and Settings\ユーザ名\My Documents\KADDISS\eIsgj3Data」です。

▲このページの上に戻る

▽「旧データファイルからのデータ移行」
本ソフトをバージョンアップし、旧データを利用する場合にご利用ください。
旧データファイル(eIsgjdb.dat)のデータを現在使用中のデータファイルに移行します。
「データの移行」ボタンを押すと確認ダイアログが表示され、旧データファイルを指定するダイアログボックが表示されますので、旧データファイルを指定してください。なお、ファイル名「eIsgjdb.dat」以外は指定できません。
専用移行プログラムを起動し、本ソフトを終了させます。移行するデータ件数が多量だと時間がかかる場合があります(移行時間の目安:1万件当たり10分〜20分程度(PCの能力などで変化します)。移行後、お手数ですが再度、本ソフトを起動してください。

※e-入力開始時に入力するログインパスワードは移行されません。
移行後のログイン画面では、ログインパスワードの初期値『 1234 』(半角数字)を入力してください。ログイン後、お手数ですがログインパスワードをユーザ様のパスワードに設定してください。

▼【重要なご注意】▼
※現在使用中のデータファイルは初期化されますので、入力されたデータが全て消滅します。必要なデータを入力されているなら、お手数ですが再度入力してください。
※一度を実行すると、現在使用中のデータは復活できません。本ソフトはアンドゥ機能はサポートしてません。充分注意して実行してください。

▲このページの上に戻る

▼ボタン説明
▽「データ変換実行」
データファイルを他形式に変換します。
▽「重複データ抽出」
重複しているフィールド(列)を指定する画面を表示します。
▽「データ一括削除実行」
指定年月日より過去の登録されたデータを全て一括で削除します。
▽「バックアップを戻す」
バックアップされているデータファイルを、現在使用中のデータファイルに上書きします。
▽「データの移行」
旧データファイルのデータを現在使用中のデータファイルに移行します。現在使用中のデータファイルは初期化されます。
▽「閉じる」
表示画面を閉じます。


▼ショートカットキー
F1:ヘルプを表示します。
Esc:キャンセルします。

▲このページの上に戻る

▼出力ファイル形式の説明
▽CSV(CSV:Comma-Separated Value) 形式
ひとつのデータ(レコード)を項目(フィールド)ごとにカンマで区切り、データの終わりには改行が入っているテキストファイルで、拡張子はcsvです。
▽XML形式
マイクロソフト社の新しい開発環境の.NETで標準的に採用されているデータ形式です。これから開発されるソフトウェアへのコンバートに必要になると思われるファイル形式です。変換後ブラウザ(IE6.0など)で表示させることができます。拡張子はxmlです。

▲このページの上に戻る

▼CSVファイルの出力データ構造
1行目には、データの列(フィールド)名が出力されます。
※()内はデータ型です。
※TrueまたはFalseは、0または1と出力されます。

「顧客データ」
顧客ID(数値),顧客コード(文字列),顧客名(文字列),ふりがな(文字列),郵便番号(文字列),住所1(文字列),住所2(文字列),TEL(文字列),携帯電話(文字列),ランク(文字列),DM既定(TrueまたはFalse),DM発送(TrueまたはFalse),来店(TrueまたはFalse),担当者(文字列),PCメール(文字列),携帯メール(文字列),FAX(文字列),生年月日(日付),顧客特記1(文字列),顧客特記2(文字列),顧客特記3(文字列),顧客特記4(文字列),顧客特記5(文字列),性別(文字列),顧客備考(文字列),顧客URL(文字列),登録日(日付),更新日(日付),年齢(数値),誕生月(数値)


「顧客データ(DM発送分)」
顧客ID(数値),顧客コード(文字列),顧客名(文字列),ふりがな(文字列),郵便番号(文字列),住所1(文字列),住所2(文字列),TEL(文字列),携帯電話(文字列),ランク(文字列),DM既定(TrueまたはFalse),DM発送(TrueまたはFalse),来店(TrueまたはFalse),担当者(文字列),PCメール(文字列),携帯メール(文字列),FAX(文字列),生年月日(日付),顧客特記1(文字列),顧客特記2(文字列),顧客特記3(文字列),顧客特記4(文字列),顧客特記5(文字列),性別(文字列),顧客備考(文字列),顧客URL(文字列),登録日,(日付)更新日(日付),年齢(数値),誕生月(数値)


「見込み客データ」
見込ID(数値),顧客ID(数値),見込日付(日付),見込理由(文字列),重要度(文字列),担当者(文字列),見込結果(文字列),商品分類(文字列),商品名(文字列),見込備考(文字列),見込URL(文字列),登録日,(日付)顧客名(文字列),顧客コード(文字列),DM既定(TrueまたはFalse),DM発送(TrueまたはFalse),ランク(文字列),来店(TrueまたはFalse),年(数値),月(数値)


「顧客対応データ」
対応ID(数値),顧客ID(数値),年月日(日付),対応内容(文字列),重要度(文字列),担当者(文字列),対応結果(文字列),商品分類(文字列),商品名(文字列),対応備考(文字列),対応URL(文字列),更新日(日付),顧客名(文字列),顧客コード(文字列),DM既定(TrueまたはFalse),DM発送(TrueまたはFalse),ランク(文字列),来店(TrueまたはFalse),年(数値),月(数値)


「販売履歴データ」
販歴ID(数値),顧客ID(数値),年月日(日付),販売価格(数値),単価(数値),数量(数値),消費税額(現バージョンでは利用していません。数値ですが、常に「0」となっています),商品ID(数値),担当者(文字列),同時購入(TrueまたはFalse),ポイント(数値),販歴備考(文字列),販歴特記1(文字列),販歴特記2(文字列),販歴特記3(文字列),販歴特記4(文字列),販歴特記5(文字列),販歴URL(文字列),顧客名(文字列),顧客コード(文字列),DM既定(TrueまたはFalse),DM発送(TrueまたはFalse),来店(TrueまたはFalse),商品コード(文字列),商品分類(文字列),商品名(文字列),仕入価格(数値),小売価格(数値),メーカー(文字列),品番(文字列),耐用年数(数値),修理点検(数値),仕入先名(文字列),年(数値),月(数値)


「商品データ」
商品ID(数値),商品コード(文字列),商品分類(文字列),商品名(文字列),仕入価格(数値),小売価格(数値),メーカー(文字列),品番(文字列),在庫数(数値),発注点(数値),耐用年数(数値),修理点検(数値),仕入先ID(数値),商品URL(文字列),商品備考(文字列),登録日(日付),更新日(日付),仕入先名(文字列)


「仕入データ」
仕入ID(数値),年月日(日付),商品ID(数値),仕入先ID(数値),仕入単価(数値),仕入数量(数値),仕入金額(数値),消費税額(現バージョンでは利用していません。数値ですが、常に「0」となっています),担当者(文字列),仕入備考(文字列),商品コード(文字列),商品分類(文字列),商品名(文字列),仕入先名(文字列),年(数値),月(数値)


「仕入先データ」
仕入先ID(数値),仕入先名(文字列),ふりがな(文字列),郵便番号(文字列),住所1(文字列),住所2(文字列),TEL(文字列),携帯電話(文字列),FAX(文字列),担当者(文字列),PCメール(文字列),携帯メール(文字列),仕入先URL(文字列),仕入先備考(文字列),登録日(日付),更新日(日付)


「商品分類と商品名」
商品分類(文字列),商品名(文字列)


「社員データ」
社員ID(数値),社員名(文字列),ふりがな(文字列),所属(文字列),役職(文字列),生年月日(日付),性別(文字列),郵便番号(文字列),住所1(文字列),住所2(文字列),TEL(文字列),携帯電話(文字列),PCメール(文字列),携帯メール(文字列),社員備考(文字列),社員URL(文字列),登録日(日付),更新日(日付),年齢(数値)

▲このページの上に戻る

< 前のページに戻る