e-入力 商品情報版 必要環境・品質保証規定・免責事項・使用許諾【Access2000日本語版用】

このページはe-入力 商品情報版についての情報を記載しています

必要な環境
▽Microsoft Access 2000 for Windows 日本語版がインストール(セットアップ)されているパソコンであること。Microsoft Office 95、97ならびにXPがセットアップされていないパソコンであること。
※Access95(Ofiice95) Access97(Office97) AccessXP(OfficeXP)ではご利用になれません。

▽Microsoft Access 2000 for Windows 日本語版が動作可能なオペレーティングシステム(OS)、Windows98、Windows98 SecondEdition(SE)、Windows98 MillenniumEdition(Me)、Windows2000、WindowsXP がインストール(セットアップ)されていること。

※Windows 95 はサポート外です(セットアップできません)。

・メインメモリはAccess 2000の動作環境に準拠
・CPUがPentium300Mhz以上(推薦は500Mhz以上)
・1024×768ピクセル、256色以上の解像度で表示できる
・A4用紙とハガキ印刷が可能なプリンタが利用できる(宛名ラベル、文書やハガキを印刷する際に必要)
・ヘルプを表示するためにインターネットエクスプロラー(IE・InternetExplorer)のバージョンが4以上あること
・ハードディスクの必要空き容量が30Mバイト以上必要(データ量に合わせて必要容量は増加します)
・インターネットの接続ができてe-mailの送受信ができる環境があること(バージョンアップファイルのダウンロード、FAQの閲覧、サポートなど、問い合わせに必要です)

※本ソフトはMicrosoft Access2000のサービスパック2(SR-2)を利用して制作されています。サービスパック2をインストールされていなければ、必要な新しいシステムファイルが自動的にインストールされます。Access2000の不都合等を修正したファイルなので、通常では問題になりません。しかし、VB、VBAで作成されたソフト、Access2000、Excel2000などの業務用専用ソフトをインストールされていましたら、それらが正常に動作しない可能性もごくまれにあります。その専用ソフトの開発元にサービスパック2をインストールしても良いかどうかをお問合せください。カディスでは他社ソフトに関しましては判断できませんので、お答えできません。

▲このページの上に戻る

本ソフトはシェアウエアです
顧客データ、または販売履歴データが50件を超えると登録をうながすメッセージが表示され、それ以上のデータ追加ができません。シェアウエア料金は1本4,000円(消費税込み)です。シェアウエア登録後は、データ件数に関係なくご使用できます。
※シェアウエアとは、使用者のパソコンで動作確認をし、使用者が操作感を確かめてから、継続使用を希望するならば著作権者に使用許諾料を支払うシステムです。使用者はシェアウエア料金を支払う前に、充分にテストと使用感を確かめてください。


本ソフトご利用上の注意
ダウンロードしたファイル群(データベースファイルなど、すべての内容も含みます)の使用または使用不能により万一損害が生じても、シェアウエア登録前は金銭の授受がありませんので、いかなる場合もカディスがその責任を負うものではありません。ご承諾のうえご利用ください。なお、シェアウエア登録前はサポートいたしません。

▲このページの上に戻る

品質保証規定と免責事項
▽本ソフトの品質保証。カディスは、本ソフトに故意または過失により重大な瑕疵がある場合または、本ソフトの想定している環境(以下にある「▽テスト環境」です)でヘルプに従って実質的に動作しない場合において、シェアウエア料金(登録料)を登録から1年以内に限り、交換、補修、登録料返金(返金にともなう実費を減額した金額)のいずれかにより対応いたします。シェアウエア登録前は金銭の授受がありませんので、いかなる場合もカディスがその責任を負うものではありません。
▽上記の品質保証の事態が、火災、地震、洪水、第三者による行為やその他の事故、使用者の故意もしくは過失・誤用・改造・改変、ハードウエアのトラブル等に起因する障害、その他異常な条件下での使用において生じる等、カディスの責に帰すべき事由によらない不都合または損害については賠償責任を負いません。
以下の場合も保証の対象になりません。
本ソフトがセットアップ時に配布したファイルの削除・リネーム・ディレクトリの移動をした場合、また、データファイルとプログラムファイル内のテーブル・クエリ・フォーム・レポート・マクロ・モジュールを変更・リネーム・削除した場合。
▽法律上の請求の原因の種類を問わず、いかなる場合においても、カディスは本ソフトの使用または使用不能から生ずる品質保証に規定されていないいかなる他の損害(逸失利益、事業の中断、事業情報の喪失または、その他の金銭的損害を含むがこれらに限定されません)に関して、一切の責任を負わないものとします。いかなる場合においても、品質保証に規定に基づくカディスの責任は使用者が支払ったシェアウエア料金(登録料)を上限とします。
▽カディスと使用者間で解決できない論争、本ソフトに関連した訴訟問題は、京都市内の所管裁判所のみを使用することに同意していただきます。
▽このプログラムに不具合が発見されても、カディスは以下の「▽テスト環境」において不都合が再現されなければ、修正する義務を負いません(できる限り対応させていただきますが、お使いの環境によっては、必ずしも修正できるとはお約束できません)。
▽テスト環境
本ソフトのテスト環境は、標準的なIBM-AT互換機を用いて、OS(ウインドウズ)の標準オプションを選択してインストール(セットアップ)したパソコンを用いています。次にMicrosoft Office2000 Preminumの標準オプションを選択しインストール(セットアップ)後、本ソフトをセットアップし動作確認をおこなっています。上記の環境での動作テストは充分におこなっております。他のソフトウエアは、パソコンの動作に必要なドライバ類を除いて、インストール(セットアップ)していません。
▽ネットワーク環境下で本ソフトのデータベースファイルを複数のパソコンから同時利用すると、データベースを壊してしまう可能性があります。必ず、スタンドアロン(1台)でご使用ください。また、スタンドアロンでもAccessを二重起動した状態での動作は保証できません。必ず単独でご使用ください。

▲このページの上に戻る

品質保証規定と免責事項の追加事項として、使用者に不利益になる可能性がある情報
▽シェアウエア登録前の本ソフトご利用上の注意
ダウンロードしたファイル群(データベースファイルなど、すべての内容も含みます)の使用または使用不能により万一損害が生じても、シェアウエア登録前は金銭の授受がありませんので、いかなる場合もカディスがその責任を負うものではありません。ご承諾のうえご利用ください。なお、シェアウエア登録前はサポートいたしません。
▽サポートに関しましては、コストダウンのために電話・FAX・郵便・直接の面談でのお問合せは、一切お断りしております。シェアウエア登録者のみを対象といたしまして、「e-入力」の操作に関するお問い合わせのみをe-mailにて対応させていただきます。また、RFM分析などの経営分析が実行できますが、分析手段をご提供しているだけで、分析結果などに伴う経営分析(コンサルティング)にはお答えできません。本ソフトはSQL文を利用して検索できますが、使用者の個々の条件に合わせたSQL文作成の質問にはお答えできません。本ソフトがバージョンアップした場合、前バージョンのサポートは新バージョンのリリースから1年後までとさせていただきます。
▽バージョンアップに関しましては、カディスホームページより、使用者が最新版をダウンロードすることで対応いたします。
不都合修正などのバグフィックスに関しては無料でおこないます。
機能増強などに関しては、料金をお支払いいただく場合があります。
▽VB(VisualBasic)、VBA(VisualBasicApplication)、Officeのシステムファイルの変更(更新)について
本ソフトはMicrosoft Access2000のサービスパック2(SR-2)を利用して制作されています。サービスパック2をインストールされていなければ、必要な新しいシステムファイルが自動的にインストールされます。Access2000の不都合等を修正したファイルなので、通常では問題になりません。しかし、VB、VBAで作成されたソフト、Access2000、Excel2000などの業務用専用ソフトをインストールされていましたら、それらが正常に動作しない可能性もごくまれにあります。その専用ソフトの開発元にサービスパック2をインストールしても良いかどうかをお問合せください。カディスでは他社ソフトに関しましては判断できませんのでお答えできません。
▽本ソフトのテスト環境と使用者の実行環境の違いについて
本ソフトのテスト環境は、標準的なIBM-AT互換機を用いて、OS(ウインドウズ)の標準オプションを選択してインストール(セットアップ)したパソコンを用いています。次にMicrosoft Office2000 Preminumの標準オプションを選択しインストール(セットアップ)後、本ソフトをセットアップし動作確認をおこなています。上記の環境での動作テストは充分におこなっております。
他のソフトウエアはインストール(セットアップ)していません。よって、他のソフトウエアとの共有システムファイル(特にVBで制作されたアプリケーション)のバージョン違いによるエラー発生などが起こりうる場合が、まれにあることが予想されます。しかし、ソフトウエアは無数にあり、全ての組み合わせをテストすることは現実的には不可能です。この場合のエラー発生については、修正できない可能性もあります。その場合は本ソフトをアンインストールしてください。ごくまれにOSからの再インストールが必要になる可能性もあります。
特殊なハードウエア構成を含むパソコンに関しましても、テストできる環境がありません。全てのハードウエアの組み合わせは無数にあり現実的にはテスト不可能です。この場合のエラー発生については、修正できない可能性もあります。その場合は本ソフトをアンインストールしてください。ごくまれにOSからの再インストールが必要になる可能性もあります。
▽本ソフトを継続使用中に他のソフトウエアをセットアップした場合について
本ソフトを使用しているパソコンに、他のソフトウエアをセットアップ(特にVBで制作されたアプリケーション)した場合に、共有システムファイルのバージョン違いによるエラー発生などが起こりうる場合が、まれにあることが予想されます。その場合は、そのセットアップした他のソフトをアンイストールし、本ソフトのバックアップを実行したのち再セットアップを実行してください。ごくまれにOSからの再インストールが必要になる可能性もあります。本ソフトのプログラムは、使用していても自ら変化いたしません。継続使用中にエラーが発生し始めた場合は、正常に動作していた環境(パソコン)に戻していただくと、発生し始めたエラーはなくなります。
▽データの上限として設定されている文字数全てを印刷することはできません。標準的に必要と思われる文字数で印刷書式を設定しています。

▲このページの上に戻る

使用許諾について
▽本ソフト「e-入力」の著作権はカディスにあります。
▽継続使用される場合は、カディスにシェアウエア料金をお支払いください。
▽シェアウエア料金をお支払いいただいても、使用許諾権を得ただけですので、本ソフトを転売ならびに譲渡はできません。また、使用許諾権の登録者変更もできません。
▽本ソフトを改変、改造はしないでください。また、リコンパイルもしないでください。
▽本ソフトに含まれる全てのVBA(マクロ)コードは日本国著作権法により保護されています。
▽Microsoft Access 2000 for Windows 日本語版は、Microsoftに著作権があります。
All Rights Reserved Copyright(C) KADDISS 2002
以上の事項をあらかじめご承諾ならびに、ご了承ください。

▼必要な環境を満たしている方で、品質保証規定、免責事項と使用許諾に同意されるなら、ダウンロードを実行してください。

▲このページの上に戻る

< 前のページに戻る